元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

アスタキサンチンの利用 健康食品編1


驚きのアスタキサンチン効果―視力回復、しみ・小じわ・美白作用 (元気になる赤の本)

驚きのアスタキサンチン効果―視力回復、しみ・小じわ・美白作用 (元気になる赤の本)

  • 作者: 矢沢 一良
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本


momobgyoko.JPG

アスタキサンチン利用
健康食品(1)
自然がもたらす栄養素 アスタキサンチンとカプサイシン

アスタキサンチンの利用が本格化してきたのは、1980年代に入ってからといわれています。
自然界における色素物質としてはかなり多く見られるこのアスタキサンチンですが、実際に生成している生物は微生物くらいしか発見されていなかったからです。
また、アスタキサンチンの効果に関しても、懐疑的な見解が少なからずあったようですね。

そんな状況が、ヘマトコッカス藻の存在によって変化していきます。
アスタキサンチンを含んでいる事がわかり、このヘマトコッカス藻を栽培する事で、アスタキサンチンの安定した収集が可能となり、アスタキサンチンが世に出る要因を作ってくれました。

そんなヘマトコッカス藻の恩恵の元に生まれたのが、アスタキサンチンを配合した健康食品です。
もし、アスタキサンチンの量が少なく、希少価値の高い物質であったならば、健康食品として使用される事はなかったでしょう。
というのも、アスタキサンチンは薬品への配合がなされています。
数が少なければ、やはり薬が優先される事になるでしょう。
そしてなにより、希少価値のある物質は値段も高くなります。

アスタキサンチン 60粒

アスタキサンチン 60粒

  • 出版社/メーカー: ピュアヘルス
  • メディア: その他


健康食品は高級志向があってはならない物です。
継続的な摂取が前提としてある以上、基本的には一般人がひと月の給料の中で、食費の中に組み込んでも問題ないくらいの値段設定でなければ、流通する意味がありません。
よって、健康食品は、アスタキサンチンがある程度の量確保できる事で、はじめてその存在を許される商品といえます。

とはいえ、アスタキサンチンを配合した健康食品が、薬には劣る、なければないで仕方ない、というものというわけではありません。
アスタキサンチンを手軽に摂取できるという点で、非常に大きな意味を持つ商品です。
量がなければ作る必要のない物というわけではなく、あくまで優先順位の問題です。
ネイチャーメイド アスタキサンチン

ネイチャーメイド アスタキサンチン

  • 出版社/メーカー: ネイチャーメイド
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 04:12 | Comment(0) | アスタキサンチン 健康食品編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。