元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

アスタキサンチン日焼け止め(1)

アスタキサンチンの利用 日焼け止め編(1)
自然がもたらす栄養素(1) アスタキサンチンとカプサイシン

アスタキサンチンの持つ抗酸化作用は、紫外線対策に大きな効果をもたらします。

その為、アスタキサンチンの成分を配合したUVカット、日焼け止め商品が沢山開発・販売されているのです。
ここで一つ疑問を提示します。
そもそも紫外線はどうして日焼けの原因となるのでしょう?
太陽光線には、紫外線の他にも赤外線と可視光線があります。
この中で、何故紫外線だけが日焼けの直接的な原因とされるのかというと、紫外線の光が一番強いからです。
紫外線は波長が短く、振動数が多いのです。
その結果、細胞組織への影響が一番強く、酸化させやすくなっています。



日焼けは、どうしてもしたくない人にとってこの上ない大敵です。
こんがり焼けた肌を作りたいならばいいのですが、見栄え上好ましくないと思う人もいますし、何より肌が荒れる為、忌み嫌う人も多いかと思います。
けれど、夏場は海に行って泳ぎたい、ビーチでのんびりしたいというのは、決してわがままではないでしょう。
そんな人たちの願望をかなえるのが、日焼け止めです。
そして、その日焼け止めに多大な貢献をしてくれるのが、アスタキサンチンなのです。
日焼けは酸化によって行われるので、アスタキサンチンの抗酸化作用は非常に役立ちます。
日焼け止めは、肌に馴染みやすいほど良いですし、かといって肌を痛めるほど強い成分が入っていても困ります。
絶妙なバランスが要求される製品です。
アスタキサンチンには、そのバランスを上手くとってくれる力があるのです。





posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 15:24 | Comment(0) | アスタキサンチン 日焼け止め編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。