元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

人間への効果 健康管理編3

アスタキサンチンは、単体でもそれなりに効果が出るのですが、他の成分、栄養素と組み合わせる事で、その効果は大きく変化します。
また、組み合わせによって、効果の出る範囲や種類が変わってきます。
例えばアスタキサンチンとルティンを組み合わせると、眼精疲労に良いといわれています。
このように、アスタキサンチンは何かと組み合わせる事で大きな効果を生むのです。

しかし、食事だとこれが簡単ではありません。
例えば、アスタキサンチンは鮭の切り身で摂取できますが、これにほうれん草によく入っているルティンを組み合わせるとなると、料理は鮭のムニエルとほうれん草のバター炒めなど、メニューが固定化されてしまいがちです。
そうなると、毎日の食事が楽しくなくなる可能性もあり、また塩分などを過剰に取りすぎる可能性も出てきます。

こういった点を考慮すると、サプリメントというものは非常に大きな意味を持ちます。
サプリメントは、こういった栄養素の組み合わせを最初から考慮しており、配合した状態での商品を販売しています。
つまり、アスタキサンチンのサプリメントは、アスタキサンチン100%なのではなく、アスタキサンチンが最大のパフォーマンスを発揮する為のほかの物質・成分と組み合わせたサプリメントとして販売しているという事です。

そう考えると、無理に料理を考える事なく、効率的にアスタキサンチンが摂取できる分、経済的にも精神的にもサプリメントのほうが望ましいことがわかります。
サプリメントには、人工物はまず含まれません。
自然の栄養素を、人間の手によって摂取しやすい形に変えているだけと考えて良いでしょう。



posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | アスタキサンチン 健康管理編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。