元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

人間への効果 アレルギー改善編2

アスタキサンチンが持つ人間へ与える効果の一つとして、アレルギーの改善というものがあります。
ですが、このアレルギー改善には、全てのアレルギーに関してのものとは限りません。
どのようなアレルギーに対応しているのかということを理解しておかないと、いざアスタキサンチンを摂取してみても、全く効果がなくて絶望してしまうなどという事にもなりかねません。
しっかりとした情報を頭に入れておき、自分の、または近しい人のアレルギーがアスタキサンチンによって改善可能かどうかを見極める必要があります。

アスタキサンチンで改善可能なアレルギーは、基本的にはヒスタミンを原因としたアレルギーといわれています。
つまり、ヒスタミンに起因しないアレルギーには効果はない可能性が高いという事です。
では、ヒスタミンが原因ではないアレルギーとは、どのような種類のものなのでしょうか。

まず、細胞傷害型と呼ばれる2型(?型)アレルギーがそれに該当します。
これは自分の細胞表面が抗原という認識されてしまい、自分の細胞を抗体が攻撃するという身体の誤作動によって起こるものです。
この場合は、自己免疫性溶血性貧血、橋本病、グッドバスチャー症候群などといった、あまり一般的ではない疾患が代表例として挙げられます。
こういった病気と診断された場合、アスタキサンチンは有効性を持たない可能性があるので、注意しましょう。

一つの病気に対し、全ての症状に対して同じ薬に効果があるとは限りません。
どの病気にどの薬、どの成分が有効なのかをしっかり把握しておく必要があるのです。



posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | アスタキサンチン アレルギー改善編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。