元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

人間への効果 疲労回復編2

アスタキサンチンには、疲労回復効果があります。
その中でも、眼精疲労の回復効果に対して、強い関心が寄せられているようです。

眼精疲労は、視力低下の原因にもなるといわれています。
視神経や目の周りの筋肉が疲労によって、あるいは酸化によって弱体化してしまい、慢性的な視力低下を呼び込むというものです。
実際、視力の低下はパソコンや本を毎日使ったり読んだりする人に起こりやすいのですが、これは目の疲労が原因です。
眼精疲労は、そのまま視力低下に繋がってしまうのです。

これを回避する方法として、そして視力の回復の可能性として、アスタキサンチンに大きな期待が寄せられています。
眼精疲労の回復は、通常適度な睡眠やビタミンを豊富に含んだ食事、目薬の投与などによって行われます。
しかし、劇的な効果は望めず、なかなか難しいところです。
最近ではレーシックのように、落ちた視力を回復させる手術もありますが、コスト面での問題、ゼロではないリスクと、まだ完全に普及しきれていません。
そこで、アスタキサンチンに白羽の矢が立ったという訳です。

目というのは、人間にとって非常に重要な器官であることは、誰に教えられるでもなく皆理解しているところでしょう。
視力が低下してくると、集中力も落ちますし、見えたものが見えなくなるストレスは尋常ではありません。
目の疲れというのは、精神的疲労に最も繋がりやすいのです。
眼精疲労の回復は、健全な体と健全な生活を作るうえで非常に重要なのです。




posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | アスタキサンチン 疲労回復編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。