元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

人間への効果 メタボ予防編

アスタキサンチンには、アンチエイジングの効果のほかに、血管中の悪玉コレステロールを除去してくれるという効果があります。
これも現在非常に注目を集めています。
それは、メタボ健診に関する事項だからです。

メタボ健診が、今年4月から義務化されたことは多くの人が知るところでしょう。
メタボリックシンドロームの患者が年々増える一方、苦痛を伴う自覚症状がない分、あまりにも関心度が低かったことから、警告や予防の呼びかけの意味もこめて、大規模な実施を行うこととなりました。

メタボ健診は、メタボリックシンドロームの原因となるいくつかの要素を検査し、それが基準値を超えている場合は、専門の先生が指導を行い、体質を改善していく、というものです。
このいくつかの要素の中に、悪玉コレステロールの量が含まれています。
つまり、メタボ健診で引っかかった人にとって、悪玉コレステロールの除去は非常に大きな課題と言えます。
それを解決してくれる薬として、アスタキサンチンに注目が集まっているのです。

メタボ健診は義務化されているので、ほとんどの社会人が毎年受けることになります。
そして、近代の日本におけるメタボ予備軍の数は、実際にメタボリックシンドロームを抱えている人と足すと、5人に1人とも言われています。
そうなれば、その中には当然悪玉コレステロールの多い人も必然的にかなりの数に上ります。
アスタキサンチンが注目されるのも当然と言えるでしょう。
今後さらにその傾向が強くなっていくのではないでしょうか。



posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | アスタキサンチン メタボ予防編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。