元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

アスタキサンチンを持つ動植物3

アスタキサンチンを含んでいるもののほとんどは、自然界の動物たちです。
しかし、中には植物もあります。
アスタキサンチンを含んでいる植物はフクジュ草くらいではないでしょうか。

実はこのアスタキサンチン、そのほとんどが動物に含まれているにもかかわらず、動物が自分自身でその色素を生み出すということはできません。
アスタキサンチンを生み出すことができるのは、微生物と植物だけです。
では、なぜ動物がこのアスタキサンチンをその身に含んでいるのかというと、食物連鎖による体内への取り込みからの備蓄です。

要は食料の中にアスタキサンチンが含まれており、それを重ねていったことにより、いつの間にかその動物の体内にアスタキサンチンが蓄積され、その子供、そして子孫にもアスタキサンチンを有するということになったようです。
エビなどの海洋動物は、プランクトンをエサにしているので、すごくわかりやすい理論ではあります。
また、シャケの卵であるイクラにアスタキサンチンが含まれていることからも、それが実証されていると言えるでしょう。

そんなわけで、自らアスタキサンチンを生み出すのは、微生物のほかには、フクジュ草などの植物のみです。
また、海藻類、そしてサンゴもその中のひとつに含まれます。
サンゴの赤もアスタキサンチンなのですね。
サンゴは海の宝石と言われる、日本でも特に好まれている色のものなので、アスタキサンチンはある意味宝石に匹敵する価値があると言えます。

実際、サンゴをアクセサリーとして着用している人は多いわけですが、それはつまりアスタキサンチンを見せびらかしているということになります。
実はその色がカニやエビと同じ色素だとは、夢にも思いませんよね。



posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | アスタキサンチンを持つ動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。