元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

アスタキサンチンを持つ動植物2





momobgyoko.JPG

アスタキサンチンを持つ動植物(2)
自然がもたらす栄養素(1) アスタキサンチンとカプサイシン

ikura.jpg


アスタキサンチンを持つ動植物としては、イクラも無視できません。
イクラのあの宝石のような赤色は、アスタキサンチンの賜物です。

鮭の身自体、アスタキサンチンによってまっ赤っ赤ですよね。
その鮭の卵であるイクラアスタキサンチンが含まれているのは、ごく自然のことと言えます。
あれだけ赤いということは、それだけ多くのアスタキサンチンが含まれているということなのでしょう。
イクラに関連して、キャビアにも実はアスタキサンチンが含まれています。
よって、世の中には赤いキャビアというものも存在しています。
三大珍味のひとつとして数えられるキャビアの中でも、かなり珍しい部類に入るのではないでしょうか。
ただ、ほとんどの日本人がイクラと勘違いしているようです。このほかにも、クロレラにもアスタキサンチンは含まれています。
クロレラというと、クロレラジュースなどでおなじみのものですが、このクロレラって実は何なのかよく知らない方も多いようです。
中には、ジュースになっていることから、果物と思っている方もいるかもしれません。
クロレラは淡水性の単細胞緑藻類、つまりは植物性のプランクトンなのです。
つまり、アスタキサンチンは微生物にも含まれていることになります。
自然界の幅広いところで見受けられる色素物質と言えますね。
このクロレラのほかにも、ユーグレナや赤色酵母などといった微生物たちに、アスタキサンチンはそれぞれ含まれているようです。

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | アスタキサンチンを持つ動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。