元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日

アスタキサンチンを持つ動植物1

アスタキサンチン カプサイシン
アスタキサンチンを持つ動物(1)

アスタキサンチンを持つ動植物は、自然界にたくさんあります。
一番顕著なのはカニでしょうか。
カニというと、多くの人が真っ赤な色を想像しますよね。
この色がアスタキサンチンによってもたらされた赤です。
しかし、カニというのは生きているときは黒みがかった青灰色をしています。
これは、アスタキサンチンがたんぱく質と結合し、カロテノプロテインという物質に変質しているからです。
茹でたり焼いたりして加熱した場合、分離して赤くなるのです。
つまり、アスタキサンチンは生きている状態で赤くない生物であっても、その身に含んでいる可能性があるということです。

具体的にいうと、タコや鯉もこの一種です。
タコも赤いイメージがあるかと思いますが、これは茹でてはじめてそうなるのであって、生きているタコは黒っぽい青灰色です。
生のタコを見たことある人には、納得していただけるかと思います。
同様に、鯉もそうです。
ただ、鯉には錦鯉のような真っ赤な鯉もいます。
これは、観賞用として人工的に模様をつけたもので、本来の天然の鯉は黒っぽい色をしています。
加熱すれば赤くなるでしょうが、あまり鯉を過熱する人もいないでしょう。

鯉と同じく、金魚もアスタキサンチンを持った生き物です。
金魚も基本的には観賞用として色づけされており、ヒブナという魚がその元となっています。
ヒブナは赤みを帯びており、タイの色に似ています。
たんぱく質との結合がそれほど強くない場合、赤色を帯びます。
この魚たちは、そういうことなのでしょう。





posted by アスタキサンチン カプサイシン 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | アスタキサンチンを持つ動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。